シェアハウスとは

国際交流が可能なシェアハウスは、若い人を中心に人気があります。シェアハウスとは、個室とは別に共同で利用できる共有スペースを持った賃貸住宅のことです。シェアハウスは日本人だけでなく外国人にも知られており、国際交流の場として活用する人もいます。通常の賃貸アパートやマンションと比べて、初期費用や月々の家賃が安いのが魅力です。シェアハウスの個室は1人部屋のこともあれば、数人が共同で使うタイプもあります。共有スペースは、同居する人と交流ができるよう、設備が充実している物件もあるようです。たとえば、大型スクリーンを設置して映画鑑賞ができるところや、フィットネススタジオを設置し健康づくりができる場所などです。共有スペースは触れ合いの場として活用でき、同居する人たちと一緒に料理を楽しんだり、会話をして楽しんだりできます。

通常の賃貸住宅と比べてお得なのは、キッチン、バス、トイレ、ラウンジ、ランドリー室などの水回りが共有になっているからです。そのため、電気、ガス、水道、インターネット費用などが共益費として含まれ、初期費用や月額費用がお安くなります。シェアハウスによっては、個室に家具や家電製品も完備され、カバン1つのみで入居できるところもあります。費用の安さだけでなく、入居に必要な道具類も少ないため、海外の人の利用者もいるのです。日本におけるシェアハウスの始まりは、外国人労働者が共同で住むことからでした。外国人と交流ができるシェアハウスの特徴を紹介します。